不動産投資ボーガズム宣言

勤め人卒業した私トーカイドーテイオーが経済的自由を手に入れるまでの行動や考えを綴ります。

雪国生活10日目

サウナ屋修行に来て10日経ちました。連日の雪かきやゲストハウスの仕事で体中が常に軽い筋肉痛です。

 

サウナ屋開業についても野田クラクションベベーさんに相談できリアリティが増してきました。

 

商業的に始めるには障害のハードルが高く難しい事が再確認できました。しかも現在サウナ屋を始めたいという人がすごく多い(^^;)ブームですからね。

 

元々私のイメージはボロ戸建を購入して改装、プライベートサウナに→友人を呼んで楽しむ→友人の友人を呼んでもらって軽く営業、というイメージです。

 

なのでがっつりお金かける事も想定してませんしお客さんが来なくて失敗!という事もありません。

 

これから色んな施設を巡りながらイメージを膨らませたいと思います。

 

しかし薪ストーブを考えていたのですが住宅地だと匂いを気にする方がいて反対されたら営業しづらいという事は頭になかったので教えてもらって良かったです。

 

f:id:Somb:20210103092459j:image

火が燃えてるとこ見てると癒されるんですよね〜(´∀`*)「1/fゆらぎ」って、やつです。

 

本日は午後からの遅番なのでちょっとホッとしています。天気予報で週末爆弾低気圧なんて言ってるのでまた吹雪になるのかな…

f:id:Somb:20210103092834j:imagef:id:Somb:20210103093525j:image

 

ゲストハウスではサウナ小屋の管理だけでなく宿の清掃もさせて頂いております。

f:id:Somb:20210103092944j:image

 

なかなか経験できない事なので精一杯やりたいと思います。

 

仕事終わりにこちらのゲストハウスが運営するシェアオフィスで仕事したり読書するのも良いです。

f:id:Somb:20210103093120j:image

窓からは雪化粧の野尻湖が眺めます。トーカイ県からしたら本当に異世界です。

 

こちらで働いてる方は皆生き生きしてるように感じます。お金ではなくお客様に楽しんでいただく事で自分も楽しむという生き方です。

 

元の生活に戻ってもまた来たいと思います。皆様も是非お勧めします。ゲストハウス「LAMP」です。

 

それでは!

サウナ修行一日目

本日から長野県は野尻湖畔にあるLAMPというサウナが併設された宿泊施設で働いております。

 

働くといっても「ヘルパー」といって給料は無しです。その代わりシェアハウスですが寝床と朝食昼食は出ます。

 

一連の作業を先輩ヘルパーから教えて頂きましたがなかなか覚えられません~_~;

 

終わってから習った事をノートに書き留めて復習です。

 

サウナ小屋のセットアップといってお客様をお迎えする準備は出来そうです。というのも社員さんが火付けなどの初期準備を済ませておいてくれるので火力調整や飲水の準備位しかありません。

 

今日難しいと感じたのはお客様への声掛けです。声掛けによって施設を好きになってもらったり担当者として仲良くなりファンになってもらう事が大事です。

 

ただしサウナを出て気持ち良くなってるとこへ下手に話しかけると邪魔になります。

 

入場時以外にサウナ→水風呂→休憩のサイクルを終え次のサウナに入る前のひと時に声掛けをします。

 

入場時は先輩ヘルパーさんに対応してもらっていたのでその後話しかけるタイミングがうまく掴めませんでした。

 

明日は早速一人で対応する事になるので一人前のサウナ番ぽくしっかりやりたいと思います。

アルバイト終了

九日間の町工場でのアルバイトを終えました。約1ヶ月充電期間を頂き二月一日から正社員としてまた町工場に入社します。

 

頭では分かっていましたがなかなかタフな仕事です。(大家業が緩すぎるのかもしれませんが。。)

 

数日間働く中で社員さんやパートさんからなんでここの会社に入ったの!?と皆不思議そうに質問されました。

 

社内の意思疎通も良くなくブラック企業的な労働環境だからです。今まで散々募集かけても人が入らなかったようです。

 

私が事業承継のマッチングで入ってきた事はきちんと伝わっていた方が良いと思い社長に一度皆さんを集めて話しましょうと提案しました。

 

それで昨日仕事終わりに社員三人を集めて入社経緯を説明してもらいました。

 

またそれだけでなく現在の会社が抱えている問題点も話し合いました。半年程前にも同様の話し合いがあったようですが忙しさにかまけてなおざりになっていたようです。

 

実際今回も重要であり緊急の仕事(第一領域)が山積のため保留になってしまいましたが私一人分体が増えたので第二領域の仕事には二月から取り組むことになりました。

 

やるからには長時間仕事に没頭し二人分位は働きたいと思います。

 

目標は一年で一人前になり右腕になってくれる社員を招き入れ二年後に次のステージに進む事です。

 

この約1ヶ月はサウナ修行と並行して仕事の目標や問題点、効果的に進めるためのアイデアを練りたいと思います。

 

最近不動産のブログではなくなってきちゃいました(^^;)物件は探してますけどね。。

f:id:Somb:20201225095642j:image

 

町工場でアルバイト

一週間ぶりの更新です。

 

先週から事業承継の為町工場で働き始めました。結構あっという間でした。

 

今月はまだアルバイトの身であり来週で一旦終わり、一月はサウナ屋さんで修行をして再度二月から町工場に就職となります。

 

働きながら不動産で自由を手にして工場を辞めた方は聞いたことありますが、不動産で自由を手にした後工場に勤める方の話は聞いたことないので自分では面白いなと思っております。

 

不動産賃貸業で経済的自由を手にした後、昨年までの予定だと国内や海外を貧乏旅行し見聞を広め今後のやりたい事に活かしたいと思っておりました。

 

しかし今年はコロナ禍によりそれが叶わずしばらくは読書や空室埋めのための行動をしておりました。

 

それと並行して以前より会社経営に興味があったので事業承継トライアルという中小企業庁のマッチングに申し込んでおりました。

 

ご縁あって町工場の会社からお声が掛かり働くことになりました。

 

単純に従業員や労働者として考えると半年前まで働いていたホワイト企業の方が良いとなります。

 

しかし常に数年後には経営するという意識があると仕事に対する取り組み方も変わります。

 

正直ずっと続けられるか毎日自問自答しております。

 

頭では分かっていましたが実際に体感するとブルーカラーの仕事の大変さが身に沁みます。

f:id:Somb:20201220113739j:image

昨日は一日中アルミ手摺を使っていました。。

 

基本的には営業ですが工場がパンクしている時は手伝いますし現場工事がパンクしている時も同様です。

 

今まで寒い中仕事をする事はほとんどありませんでしたが今は赤切れや凍えるような寒さと闘っております。

 

事業承継というもの自体もよく分かっていませんでした。いずれ会社がもらえるものとばかり考えていましたが違います。

 

ウン億円の会社の株を買う必要があるのです。現在考えているのは後継者候補として銀行から借金し何割かの株を買って経営権を移し、会社の利益を上げて役員報酬を上げそれを使って過半の株を買うという形です。

 

この辺はまた税理士さんと打ち合わせが必要です。

 

正直ウン億円の時価総額の会社から後継者候補としてお声を頂くとは思いませんでした。なにせ「サラリーマンは300万円で会社を買いなさい」という本を参考にしていたので掛かっても1000万円以下で会社を買うことを想定していたからです。

 

一見時価総額が大きい事でおいしい話ではないかと思われる方もいるかと思います。しかし道は険しいです。

 

今までいた古参の従業員さん達からしたら面白く無い話です。次は自分が社長になるかもと期待していた訳ですし、ましてやその外部からきた社長候補に対して新人教育をするのです。

 

幸い良い方達なのできちんと仕事は教えてもらっています。なので早く覚えて少しでも助けになりたいです。

 

また高い時価総額についても理由があります。しょっちゅう銀行がお金を借りてくださいと訪問してきたりM&Aの話を持ってきてるようです。

 

外から見ると有料企業です。しかし実際はかなりブラックギリギリです。まあ中小企業はどこもブラックなのかもしれませんが。。

 

休日は冬の繁忙期ということもあり日曜と祝日だけで平日夜も9時10時まで働きます。これでは人生について考える時間が持てません。

 

資本主義のシステムをまざまざと体験しております。

 

社長に労働環境改善を指摘しておりますが中小零細企業ではなかなか難しいといいます。

 

この辺のところも考えていかないと働く人もいなくなり先細りとなってしまうでしょう。課題は山積です。

 

喫緊の課題はトイレが男女兼用で和式便所である事です。よくパートさん達平気だなと感心します。

 

こんな感じで現在目の前のことに向かっているところです。

 

賃貸業では新規物件について昨日情報が不動産屋さんから電話来たのでそれの調査をしたいと思います。

 

またしばらく更新途絶えます。

しばし更新中止

いよいよ明日事業承継予定の会社に再就職となります。どこまでやれるのか分かりませんがご縁を頂いた以上はフルパワーで取り組みたいと思います。

 

なので一旦こちらのブログからは離れます。

 

不動産賃貸業としてアクションがあった場合はまた時々綴るかもしれません。

 

今まで読んで下さった皆様ありがとうございましたm(_ _)m

入社前日

いよいよ明日から新しい職場に出社します。泣いても笑ってもゆっくりできるのは今日までです。

 

丁度今週から寒くなってきており朝起きるのがキツいです。

 

家を七時半には出ないといけません。初っ端から寝坊して遅刻とかならないようにしないとです。

 

明日から正味八日間は研修のような形で先輩社員さんについて回ります。本格的に社員として仕事が始まるのは来年二月からになります。

 

それまで何をするのかと言いますとこのブログでも以前少し触れましたが年末年始から一月一杯まで長野県の野尻湖にあるLAMPというペンションの「The Sauna」でサウナ修行に入ります。

 

既に雪が降っておりとても寒そうです。新潟県の県境なのでトーカイ県から遠いですがスタッドレスを履いたサンバーで向かいます。

 

基本的に住み込みで朝昼食事付き、スタッフ用シェアハウスに宿泊で給料は出ません。

 

いずれ自分のサウナ屋を始めたいのでその為に沢山のことを吸収してきます。

 

寒いのが苦手なので装備を万全にして臨みます。その前にサンバーでたどり着けるんだろうか^_^;

 

今日はこれから税理士先生と打ち合わせしてから床屋でサッパリしてきます。

 

ここ一週間失業者感を味わおうと髭を剃っておりません。とてもワイルドですが周りの人が見たら汚い印象です。

 

一日悔いの無いよう過ごします。

壁紙の効果

元勤め先が実施するアパート改築見学会に行ってまいりました。

 

駅から徒歩5分位にある物件で二部屋改築しておりました。どちらも特徴のある改築です。

 

一方は私の元同僚達が手掛けた部屋で、もう片方はグループ会社女性社員の手掛けた部屋でした。

 

間取りは元々2DKなのを1LDKに改装する形で間取りの取り方が夫々違います。

 

費用的には我々不動産投資家にしたらあり得ない金額ですが、同僚側が400万円台で隣が200万円台です。

 

地主だからできるし会社も地主をメインターゲットにしているという事です。。(私が勤めながら自分のアパート事業を拡大する中で会社の営業に力を注げなくなった理由がお分かりいただけるかとおもいます。。)

 

同僚側は風呂サイズを1216から1318にサイズアップしてキッチンはコンロ前が壁になっている対面式、隣はサイズそのままで床シートと壁一面にリアテック貼りを施した浴室にアイランド型キッチンで各部屋壁紙の色が印象的です。

 

パッと見は完全に隣のグループ会社側の部屋がオシャレです。インテリア好きな三十代の女性社員が手掛けただけあります。

 

リビング天井が深緑色でアクセント壁がヘリンボーン柄、寝室は全体的に薄いグレーにしたりと色に工夫が見られます。

f:id:Somb:20201213085107j:image

(チラシの写真)

 

対して元同僚側の部屋は金額が倍掛かってるだけあり間取り的には生活しやすくなってます。しかし壁の色がほぼ白。寝室の一面だけが焦げ茶色というありきたりな雰囲気です。

 

元同僚のチームは年齢が五十代男性であり設計的には優秀なのですがインテリアコーディネートに関して弱いので次回から女性にアドバイスしてもらった方が良いと思いました。

 

新たな入居者は二部屋で迷った挙句隣のグループ会社側で決めたそうです。

 

浴室サイズは簡単に変えられませんので広々とした元同僚側の部屋も後々は効果を発揮すると思います。

 

しかし今回の見学で感じたのは自分が考えていた以上に女子が考えるオシャレ部屋は洒落てるという事です。

 

初めて女の子の部屋に入った時位のインパクトがありました。

 

おそらくインテリア雑誌を毎月のように買って読み込んでいるのでしょう。色の組み合わせも絶妙です。

 

頭では分かっているつもりでいた壁紙の色の破壊力に改めて気付かされた一日でした。