不動産投資ボーガズム宣言

勤め人卒業した私トーカイドーテイオーが経済的自由を手に入れるまでの行動や考えを綴ります。

ワークライフバランス

おはようございます。トーカイドーテイオーです。


今日はこれから信金さんで物件のご紹介を頂けるという事で行って参ります。正直あまり内容は期待してませんが担当さんとコミュニケーションを取る良い機会なので楽しみです。


ところで昨日は読書が一冊しか出来ませんでした。選んだ本が色々とインスピレーションをもたらすので思考が飛びまくって進みませんでした。


その本は「フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか」堀内都喜子著です。

 


著者はフィンランド大使館にお勤めの方なのですがフィンランドの文化をとても詳しく説明してくれている本です。


今年2月頃発売されたのですがその頃書店で手に取りパラパラと読んで面白い本だなと思っていました。


その時は買わなかったのですが最近書店でまた目にしてやっぱり買っとこうと購入したのです。


ここのところ新しい自分のライフスタイルについて考えており、本田直之さんの「ノマドライフ」を読んでいいな、と思いそこからサウナ繋がりでフィンランド文化に触れたくなったのです。


しかし思わぬ落とし穴が待っていました。それは。。。

 


辞めた勤め先での出来事を思い出させるのに十分過ぎる内容だったのです。。。


フィンランドは仕事のためにプライベートの時間を犠牲にしないのが既に当たり前になっているようです。


私が勤めていたところが古い体質がまだまだ残っているところでしたのでギャップが凄くてついつい読みながら過去に自分が葛藤してたシーンが蘇ってしまいました。


運営している人間が皆オジサンでは旧態依然としたシステムに縛られてしまいます。新しい人入らないね、などと脳天気に話してましたが当然だったと思います。


やはり日本社会はクォータ制をどんどん導入して強制的に女性を幹部にしていかなければ特に古い会社は変われません。


なんかもう事業承継して社長になった気分でいますが気持ちが進みすぎかもしれません。


昨日床屋さんに事業承継の話をしたら「いいじゃん!面白ぇ!それ」と言われもうその気です。


いや〜東京に新幹線で通って働いてみたいな〜。そしたら名前を「トーキョードーテイオー」に変えないとなぁ〜なんて妄想している一日でした。


それでは!